読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インストールする(その13)

随分久しぶりである。

Zaurusのクロスコンパイル環境を作成する

いよいよ当初目的としていたZaurusのクロスコンパイル環境を作成する。なお、便宜上ログインユーザ名をpochy9nとして説明する。
ザウルス宝箱Pro国内向けSLシリーズザウルス 技術サポート情報から以下のファイルをダウンロードする。

ロスコンパイラ gcc-cross-sa1100-2.95.2-0.i386.rpm
ライブラリ glibc-arm-2.2.2-0.i386.rpm
ヘッダファイル linux-headers-arm-sa1100-2.4.6-3.i386.rpm
ユーティリティ binutils-cross-arm-2.11.2-0.i386.rpm
tmake設定ファイル for SLシリーズ tmake-sharp.tar.gz
シャープ ライブラリ一式 sharpsdk-pub-20021227.tar.gz
libqte修正版 libqte.so.2.3.2.gz
$ mkdir ~pochy9n/zaucc
$ cd ~pochy9n/zaucc
$ wget http://developer.ezaurus.com/sl_j/tool/tools/gcc-cross-sa1100-2.95.2-0.i386.rpm
$ wget http://developer.ezaurus.com/sl_j/tool/tools/glibc-arm-2.2.2-0.i386.rpm
$ wget http://developer.ezaurus.com/sl_j/tool/tools/linux-headers-arm-sa1100-2.4.6-3.i386.rpm
$ wget http://developer.ezaurus.com/sl_j/tool/tools/binutils-cross-arm-2.11.2-0.i386.rpm
$ wget http://developer.ezaurus.com/sl_j/tool/tools/tmake-sharp.tar.gz
$ wget http://developer.ezaurus.com/sl_j/doc/reference/20021227/sharpsdk-pub-20021227.tar.gz
$ wget http://developer.ezaurus.com/sl_j/doc/reference/20030108/libqte.so.2.3.2.gz

次にZaurusQtopiaに合わせて、Free版Qtopia 1.5をダウンロードする。
このバージョンは既に前線を退いているため、Trolltechのホームページからたどることはできないが、FTPサイトにはまだ存在する。
今のところソースは使用しないが、念のためダウンロードして置く。

$ wget ftp://ftp.trolltech.com/qtopia/sdk/SuSE7.0/qtopia-free-1.5.0-1.i386.rpm
$ wget ftp://ftp.trolltech.com/qtopia/sdk/SuSE7.0/qtopia-free-1.5.0-1.src.rpm

次にrpmコマンドで次々とインストールして行こう。

$ su
# rpm -ivh gcc-cross-sa1100-2.95.2-0.i386.rpm
# rpm -ivh glibc-arm-2.2.2-0.i386.rpm
# rpm -ivh linux-headers-arm-sa1100-2.4.6-3.i386.rpm
# rpm -ivh binutils-cross-arm-2.11.2-0.i386.rpm
# rpm -ivh qtopia-free-1.5.0-1.i386.rpm

Zaurusのクロスコンパイル環境関連を扱っている多くのページでは、qtopia-free-1.5.0-1.i386.rpmのインストールとsharpsdk-pub-20021227.tar.gzのインストールの間に、tmake-sharp.tar.gz(tmake設定ファイル for SLシリーズ)を/opt/Qtopia/tmake/lib/qws/linux-sharp-g++にインストールするように書いているが、実際にはqtopia-free-1.5.0-1.i386.rpmとsharpsdk-pub-20021227.tar.gzのインストールで網羅されるので不要である。

# cd /opt/Qtopia
# tar zxvf ~pochy9n/zaucc/sharpsdk-pub-20021227.tar.gz
# cd /opt/Qtopia/sharp/lib
# gzip -d -c ~pochy9n/zaucc/libqte.so.2.3.2.gz > libqte.so.2.3.2
# exit

これでインストールは完了である。
試しにサンプルをビルドして見よう。

$ mkdir ~/zauwork
$ cd ~/zauwork
$ cp -r /opt/Qtopia/example .
$ cd example
$ . /opt/Qtopia/dev-arm-qpe.sh
$ tmake -o Makefile example.pro
$ make

できあがったexampleをsamba経由などでSDメモりに保存して、Zaurusのコンソールなどから実行して見る。
取り敢えず快適な環境だが、Zaurusで直接coMomongaのディスクをマウントしなければ、実際の開発では面倒すぎて効率が下がると思った。