読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EXEファイルに変換する(その2)

http://d.hatena.ne.jp/pochy9n/20061119の続きである。
今度は、ActiveStateが販売しているPerl Dev Kit(PDK)を試して見た。
手順にしたがって、ActiveStateへのアカウント登録を済ませ、PDKインストーラ(PDK-Pro-6.0.2.203380.msi)と21日間試用ライセンス(PDK_Pro_Pack_Windows_T967D174E8.exe)を入手しインストールを行った。
次に、「スタートメニュー」→「プログラム」→「ActiveState Perl Dev Kit 6.0」→「PerlApp」を実行した。
Main、Files、Size、Option 1、Option 2、Version、Outputとタブが並んでいるダイアログが表示された。
MainタブでScriptにhello.plを入力すると、自動でスクリプトの依存関係を調査し始めた。
「Make Executable」ボタンを押すと、Outputタブに以下の内容が出力された。

PerlApp Command Line:
perlapp --norunlib --exe hello.exe --perl E:\perl\bin\perl.exe hello.pl

Output:
PerlApp 6.0.2 build 203380
Copyright (C) 1998-2005 ActiveState Corp.  All rights reserved.
ActiveState is a division of Sophos Plc.
Evaluation license for Yoshimasa Kobayashi <pochi@pc5.so-net.ne.jp> (Expires: 2006-12-09)
****************************************************************************
* WARNING: Applications generated by this evaluation copy of PerlApp will  *
*          stop working after the end of the evaluation period: 2006-12-09 *
****************************************************************************
Created 'hello.exe' [Test it]
Executable size: 916 KB

[DONE]

実際のhello.exeのサイズは938,050バイトだった。
上記の気になる「Test it」をクリックすると、

.\hello.exe
hello world

[DONE]

と表示され、簡単に作成したEXEファイルが実行できた。
この簡単さとブランドはかなり魅力だが、安い方でも$145はかなり高額である。