読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NetWalkerは残念ながら駄目だ

今日、電気デパートでNetWalkerを手に取って見た。
まずは持った感じだが、ディスプレイ側に重心がずれていて、安定感がなかった。
キーボードの打鍵感はフカフカしており、しっかり押せたと言う感じが少なかった。
また、両手で持って親指で押すには大きく、テーブルに置いて10本指で押すには小さく、中途半端だった。
一番まずいのはシフトキーで、左右の親指が自然に押せる位置ではなかった。
これではコンピュータの能力を云々言う前に、体が合わないと訴え始めることが目に見えている。
親指で押すことに特化したZaurusの方が、マンマシンインターフェースとしては優れていると思われる。
シャープの開発者は、このキーボードで本当に良いと思っているのだろうか。
また、OpenOfficeは起動するのに時間が掛かり過ぎて、使いものにならなかった。
キャッシュをすればなんとかなるだろうが、メモリの少なさから考えると無理な気がする。
さて、この先どうするのか、シャープは考えなくてはならないだろう。