読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

qgmapとその仲間たち

近藤靖浩さんの「Zaurus ハマリ道:qgmap でオフライン地図」でqgmapと一緒にmkcramfsを紹介していただいていることをHatenaのリンク元で知った。
また、bucchiさんが「ぷちのいず」で公開されているqgmapの存在も始めて知ったのだが、こんな便利なものがあったのかと(「何を今更!」と突っ込まれそうだが)感動したので、ここに紹介して置きたい。

名前 最新 説明
qgmap 0.2.1 Zaurusで地図を見る
Zega 0.13.1 ZaurusGPSを使う
GM_Lite 0.1.4 Googleマップをダウンロードして閲覧
GM_Lite改造版 第7版 GM_Liteのダウンロードを改善
GmlMgr 1.03 GM_Liteのダウンロードを全てPerlで記述
地図レシピ 090320-1 GmlMgrでそのまま使えるパラメータ
Pgmap 1.3.2 地図を見ながらダウンロード

※「最新」は現時点の最新バージョンの意味

最後のPgmapは今のところ細かい点で不完全なようだが、概ね快適に動作する。
また、GmlMgrのようにGM_Liteと地図データを共有するためには、GmlMgrと同じディレクトリ階層(GM_Liteを展開したディレクトリの直下)にPgmapを展開してから、pgmap.plとDownImgs.pmに以下の変更を加える。

pgmap.plの変更点)
    82行目:my $basedir = 'imgs';
          ↓
    82行目:my $basedir = '../imgs';

DownImgs.pmの変更点)
    23行目:base_dir => 'imgs',
          ↓
    23行目:base_dir => '../imgs',


ただし、PARでEXE化したPgmapは変更できないので、pgmap.exe(とpgmap.cfg、pgmap_data)をgm_lite.htmlと同じディレクトリに保存する(しかし、美しくないのでお薦めしない)。
Windows上ではpgmap.plをwperl.exeで実行すると、Windowsらしくて気持ちが良い(ただし、各種のエラーメッセージが表示されなくなるので、そのことが分からなくなる)。
pgmap.plの動作に必要なライブラリはPPMでインストールすれば良いだろう。
自分はcramfsの代わりに圧縮率の高いSquashFSを利用することにした。

開発者各位に感謝する。