読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PerlQt移植ヒストリ(第11回)

PerlQt/Embeddedを2.105-p0.05に更新した。
2年4ヶ月ぶりの更新となる。

ダウンロード

Perlライブラリ:lib-perl-qte_2.105-p0.05_arm.ipk
ソースファイル:perlqt-2.105-p0.05-src.tar.gz

更新内容

  • 72のソースコード中で428の実装されていない関数をすべて実装した。詳細はこのテキストファイルを参照して欲しい。
  • 21の中身が実装されていないnewcopy関数(C++の「operator=」)の中身を実装した。詳細はこのテキストファイルを参照して欲しい。
  • QArrayPerlで扱うために、Qt::RectArrayパッケージを追加した。これにより、Qt::Region::rectsメソッドやQt::Region::setRectsメソッドとのデータのやり取りができるようになった。詳細はソースコード(pig_QRectArray.c)を参照して欲しい。

これ以降は不具合修正などのメンテナンス作業となる。
何か問題があれば、連絡して欲しい。