読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学習用にESXiサーバを安く構築する(その2)

VMware

前回に引き続き、USBメモリにインストールしたESXiの設定を進める。

IPアドレスの設定

USBメモリからESXiを起動したら、以下の手順でホスト名やIPアドレスを設定する。

  1. 起動画面でF2キー(Customize System/View Logs)を押下。
  2. rootで認証を実行。パスワードが間違っていると言われたら、Caps Lock状態をチェック。
  3. 「System Customization」画面が表示されるので、「Configure Management Network」を選択して、Enterキーを押下。
  4. 「Configure Management Network」画面が表示されるので、「IP Configuration」を選択して、Enterキーを押下。
  5. 「IP Configuration」画面が表示されるので、「Set static IP address and network configuration」を選択して、スペースキーを押下。
  6. 「IP Address」、「Subnet Mask」、「Default Gateway」を入力して、Enterキーを押下。
  7. 「Configure Management Network」画面に戻ったら、「IPv6 Configuration」を選択して、Enterキーを押下。
  8. IPv6 Configuration」画面が表示されるので、「Enable IPv6 (restart required)」を選択して、スペースキーを押下し、チェック [X] を外したら、Enterキーを押下。
  9. 「Configure Management Network」画面に戻ったら、「DNS Configuration」を選択して、Enterキーを押下。
  10. 「Primary DNS Server」、「Hostname」を入力して、Enterキーを押下。
  11. 「Configure Management Network」画面に戻ったら、Escキーを押下。
  12. 「Configure Management Network: Confirm」画面が表示されるので、Yキーを押下して、ESXiを再起動。
  13. 起動画面でF2キー(Customize System/View Logs)を押下し、rootで認証を実行。
  14. 「System Customization」画面が表示されるので、「Test Management Network」を選択して、Enterキーを押下。
  15. 「Test Management Network」画面が表示されるので、Enterキーを押下し、GatewayPingの疎通を確認。
  16. Enterキーを押下し、「System Customization」画面に戻ったら、Escキーを押下し、起動画面に戻る。
  17. 他のPCからESXiサーバにPingの疎通を確認。

vSphere Clientのインストール

ESXiサーバのIPアドレスを設定したら、以下の手順でvSphere Clientを他のPC(今回はWindows 7のデスクトップ)にインストールする。

  1. ブラウザで「https://<ESXiサーバのIPアドレス>/」にアクセス。
  2. 証明書エラーを承認して進むと、「Welcome to VMware ESXi 5.1」画面が表示されるので、「Download vSphere Client」リンクをクリック。
  3. ダウンロードしたvSphere Clientインストーラを実行し、手順にしたがってインストールを完了。
  4. vSphere Clientを実行して、「IPアドレス/名前」にESXiサーバのIPアドレスを入力し、rootでログイン。
  5. 自己署名証明書のため、信頼性に問題がある旨のメッセージが表示されるが、「証明書をインストールし、…」にチェックを入れ、「無視」ボタンをクリック。
  6. 接続完了↓