読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bluetoothでbiblioを使う

Bluetoothでm241を使う」に続いて、今回はAUの携帯電話であるbiblioBluetoothZaurusSL-C3000)に接続してダイヤルアップして見ようと思う。

biblioの設定

予め、biblioで「メニュー」→「通信ツール」→「Bluetooth」→「Bluetooth設定」→「探索受付」→「受付」を選択して置く。
また、ロック状態を解除して置く(そうしないと、Bluetoothの接続で拒否される)。

biblioをrfcomm.confに登録

先ずはZaurusで以下のコマンドを実行して、biblioのBDアドレスを取得する。

$ hcitool scan
Scanning ...
        01:23:45:67:89:AB       biblio


次に以下のコマンドを実行して、DUN(Dial-Up Networking)サービスのチャンネルを取得する。

$ sdptool browse 01:23:45:67:89:AB
Browsing 01:23:45:67:89:AB ...
Service Name: Voice gateway
Service RecHandle: 0x10000
Service Class ID List:
  "" (0x111f)
  "Generic Audio" (0x1203)
Protocol Descriptor List:
  "L2CAP" (0x0100)
  "RFCOMM" (0x0003)
    Channel: 7
Profile Descriptor List:
  "" (0x111e)
    Version: 0x0105

Service Name: Dial-up networking
Service RecHandle: 0x10001
Service Class ID List:
  "Dialup Networking" (0x1103)
Protocol Descriptor List:
  "L2CAP" (0x0100)
  "RFCOMM" (0x0003)
    Channel: 8
Profile Descriptor List:
  "Dialup Networking" (0x1103)
    Version: 0x0100

Service Name: AudioSource
Service RecHandle: 0x10002
Service Class ID List:
  "Audio Source" (0x110a)
Protocol Descriptor List:
  "L2CAP" (0x0100)
    PSM: 25
  "AVDTP" (0x0019)
    uint16: 0x100
Profile Descriptor List:
  "Advanced Audio" (0x110d)
    Version: 0x0100

Service Name: A/V_RemoteControlTarget
Service RecHandle: 0x10003
Service Class ID List:
  "" (0x110c)
Protocol Descriptor List:
  "L2CAP" (0x0100)
    PSM: 23
  "AVCTP" (0x0017)
    uint16: 0x102
Profile Descriptor List:
  "" (0x110e)
    Version: 0x0103


最後に取得したBDアドレスとチャンネルを/etc/bluetooth/rfcomm.confに追加で登録(テキストエディタで追記)する。

rfcomm1 {
    # Automatically bind the device at startup
    bind yes;

    # Bluetooth address of the device
    device 01:23:45:67:89:AB;

    # RFCOMM channel for the connection
    channel 8;

    # Description of the connection
    comment "biblio";
}


以下のコマンドを実行して、上記設定を反映する。

# /etc/rc.d/init.d/bluetooth restart
Shutting down Bluetooth... Done.
Starting Bluetooth... Done.


なお、rfcomm0にはHOLUX m-241が登録されているので、biblioはrfcomm1に登録した。

ネットワーク設定アプレットのインストール

以下のパッケージをインストールする。

これにより「ネットワーク設定」の「接続設定」タブの右上の接続の種類に「Dial-up (Bluetooth)」が追加されるが、この名前だと長すぎるので、/opt/QtPalmtop/etc/network/Bluetooth.confの内容をテキストエディタで「Bluttooth DUN」と変更する。

[Help]
#Name = Dial-up (Bluetooth)
Name = Bluetooth DUN


ちなみに、以下のアプレットを試したところ、「ダイヤルアップ接続」の一種として追加され、接続設定ができることを確認したが、実際の接続時にどうしても接続先の一覧に現れないのであきらめた。

ネットワーク接続の追加と実行

以下の手順でau.NETに接続するための設定を追加する。

  1. 「Home」ボタン→「設定」タブ→「ネットワーク接続」を実行する。
  2. 「接続設定」タブの右上の接続の種類(ドロップダウンリスト)から「Bluetooth DUN」を選択する。
  3. 「追加Iボタンをクリックする。
  4. 「Account」タブで以下の項目を入力する。
    1. 「Name」には適切な名前(例:「au.NET BT-DUN」)を入力する。
    2. 「Username」には「au@au-win.ne.jp」と入力する。
    3. 「Password」には「au」と入力する。
    4. 「Phone」には「*99**24#」と(このまま)入力する。
  5. 「Modem」タブで以下の項目を入力する。
    1. 「BT Device」には「/dev/rfcomm1」(前述でrfcomm.confに登録した名前)と入力する。
  6. これ以外の項目はデフォルトの値のままとする。
  7. 「OK」ボタンをクリックして設定を完了する。
  8. 「接続」ボタンをクリックして、接続先の一覧に上記の「Name」に入力した名前が表示されていることを確認する。
  9. その名前を選択して「接続」ボタンをクリックし、biblioの画面でダイヤルアップが開始され、ネットワーク接続が成功することを確認する。


これでbiblioによるダイヤルアップはできるようになったが、今の契約ではパケット代が高額なので、残念ながらしばらく使えないだろう。