読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WindowsのNode.jsでexpressを試す

Node.js

フレームワークExpressパッケージの簡単な使い方| Node.js入門 | [Smart] にしたがって、Node.jsのexpressフレームワークを試したときに、色々と手順に過不足があったので、記録しておこうと思う。

  • 先ずはNode.jsを以下からダウンロードしてインストールする。

    ダウンロード | Node.js

    今回は node-v6.9.1-x64.msi を使用した(npmのバージョンは3.10.8)。
  • expressアプリのソースを保存するフォルダを作成する。
    今回は %USERPROFILE%\nodejs を作成した。
  • コマンドプロンプトを開いて、前述のフォルダに移動し、npmコマンドでexpress-generator(今回は4.14.0)をインストールする。
    > cd %USERPROFILE%\nodejs
    > npm install express-generator -g
  • プロジェクトを作成し、必要なライブラリをインストールする。
    > express exp01
    > cd exp01
    > npm install
    なお、今回expressパッケージは4.14.0がインストールされた。
  • できたてのアプリを実行する。
    > npm start
  • ブラウザで http://localhost:3000 にアクセスし、以下のように表示されることを確認する。

    Express

    Welcome to Express

ちなみに、expressがインストールされた以下のフォルダにあるReadme.mdも参考になるので、覗いてみて欲しい。

%USERPROFILE%\nodejs\exp01\node_modules\express

また、expressはメージャーバージョンごとに仕様が大きく異なるようなので、以下のオフィシャルサイトのリファレンスを確認して欲しい。

Express - Node.js Web アプリケーション・フレームワーク